もっと広げたい安心の笑顔!!

コスモス
コスモス
笑顔マーク
背景色
印西市議会議員 浅沼みやこ
印西市議会議員 浅沼みやこ
印西市の写真
印西市の写真
印西市の写真

議員活動

浅沼みやこの議員活動をご紹介します。

(写真をクリックすると拡大表示されます)


表示対象年をご選択ください。⇒


【ワクチン接種体制の整備等について】

20201年 1月 18日

市民から印西市のコロナワクチン接種体制整備等についてご質問・ご要望がありました。

■コロナワクチン接種体制整備
【ご質問】
 千葉県が予防接種専門部門を立ち上げました。(ワクチン接種に関して)公明党議員から発信・推進していますか。

【ご回答】
◎まず、コロナワクチン接種に関しては、昨年9月29日に市議会公明党として、予算要望書を市長に提出しており、「新型コロナウイルスワクチンが供給された場合の円滑なワクチン接種実施」を要望しています。

◎16日付け読売新聞では、千葉県がワクチン接種体制整備班を12日に発足させたこと、また、印西市、千葉市が15日に対策室を設置したと報じられています。
 印西市では、ワクチン接種の個別通知郵送、システム改修等の準備経費や医療従事者、高齢者等への接種費用の予算確保(5,115万円)、新型コロナウイルス感染症対策室(室長等7名)の設置などの対応を進めています。

■パルスオキシメーター(血中酸素計)の貸与
【ご要望】
 パルスオキシメーターの保健所からの貸与はできないか。

【ご回答】
◎パルスオキシメーターに関しては、公明党が昨年9月の市議会で取り上げ、質問致しましたが、市には感染者の住所等の情報が提供されないため、備蓄や貸与は検討していないとの回答でした。

 ※パルスオキシメーターは指先の皮膚を通して動脈血酸素飽和度と脈拍数を測定する小さなクリップ状の装置です。軽症であっても突然急速に悪化する新型コロナウイルス感染症の重症化の兆候をつかむことができます。

◎そこで、昨日17日に仲村県議会議員にこのご要望を伝えて対応をお願いしましたところ、同日、仲村県議より、
「15日(金)に県から2月補正予算案の説明があり、新型コロナウィルス感染症対応に関するものとして、自宅療養者支援事業が新規事業として計上され、その中に貸与用のパルスオキシメーター購入費が入っています。これまでパルスオキシメーターについてはホテル療養者用として活用してきましたが、今後は自宅療養者にも貸与する為に順次数を増やすとの事です。」との情報提供がありました。

緊急事態宣言再発令後もなかなか感染者数が減少せず、ご心配をおかけしておりますが、今後とも市民の皆様からの声をしっかりと受け止め、公明党議員が連携して対応してまいります。

pagetop

師戸の火災状況

20201年 1月 8日

1月6日、舞姫地区に在住の方から、HPの問い合わせフォームに「元旦から火災による臭い等が発生しており、コロナ禍で換気をしたくともできない状況。」との相談が寄せられました。
これを受けまして翌日7日、公明党として現地調査を行いましたので報告します。



クリックするとPDFファイルが表示されます

以上のように消防もできる限りの体制での消火活動を行っていますが、完全鎮火にはもうしばらく日数がかかりそうです。
昨日も、市民から苦情の電話がきている状況です。
一刻も早く消火できるよう申し入れるとともに、再発防止策や、他の施設等への注意喚起などの方策についても検討していただくよう市の防災課及び消防署に申し入れを行いました。

お見舞い申し上げますとともに、健康被害が出ないよう心からお祈り申し上げます。

pagetop

【高齢者のPCR検査実施について】

~コロナ感染症の拡大に対応し一部変更~

2021年 1月 6日

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

本日付で新聞各紙に「公明いんざい 新春号」を折り込みました。
内容は12月議会で可決された議案内容や議会質問等です。

さて、12月議会終了後、年末年始にかけてのコロナ感染症拡大に伴い、事業の一部を変更するなどの対応策が取られることになったようですので掲載します。
(詳しい内容は、来週行われる市の発表や15日付「広報いんざい」に掲載される予定です。)

「高齢者のPCR検査実施(希望者)事業について」
○ PCR検査の申し込み用紙を、対象者全員に、市から個別郵送する方式に変更します。
(希望者が保健センターなどに来所することによる密を防ぐ感染症予防対策です。)

予定日程としては以下の通り

市は1月13日に、対象者への申し込み用紙等在中の封書を、郵便局に持ち込む予定です。
対象者は2万4千人と多いため、郵便が届くまでに2日~6日くらいかかると思われます。
同封された説明文をよく読んで対応をお願いいたします。


今後も、基本的なコロナ感染症予防策を一人一人がしっかりと行なってまいりましょう。
市民の皆様のご健康を心からご祈念申し上げます。


2020年度→